ボディビルのポーズをすべて解説!規定ポーズ全7種類を詳しく説明します!

スポンサーリンク
お悩み解決
スポンサーリンク

はじめに

今回は「種類のボディビルのポーズ」を解説していきます。

ムサ子
テレビでボディビルを見たけどどんなポーズをしているのか知りたい!
ムサ男
ムサ男
ボディビルについて詳しく知りたい!
今回はこんな疑問を持つ方に向けて「ボディビルのポーズ」について詳しく解説いたします。
記事の流れとしては、、、
  • ボディビルのポーズについて
  • ボディビルのポーズ全7種類をそれぞれ解説

こんな感じでお送りします!

 

 

ボディビルのポーズについて

まず今回抑えておいてほしいことがいくつかあります。
今回ご紹介するのは「日本ボディビル連盟で決められている規定ポーズ」であること。そしてそのポーズの種類が7種類であることです。
ボディビル大会では舞台に上がって適当にポーズをしているわけではありません。しっかりと決められたポーズを全員が行い、審査員が見比べることによって順位が決められます。
そのポーズの種類は
  • フロントダブルバイセップス
  • フロントラットスプレッド
  • サイドチェスト
  • バックダブルバイセップス
  • バックラットスプレッド
  • サイドトライセップス
  • アブドミナルアンドサイ

の7種類です。

では、このポーズを1つずつ解説していきます。

 

ボディビルのポーズ”フロントダブルバイセップス”

(横川尚隆選手のTwitterより引用)

フロントダブルバイセップスはボディビルの規定ポーズの中で1番目に行います。

フロント(正面)ダブルバイセップス(上腕二頭筋)この名前の通り、フロントダブルバイセップスでは正面に対し腕を曲げアピールするポーズです。しかし、腕だけに集中すればいいのではなく、にも力を入れ魅せなければなりません。

 

ボディビルのポーズ”フロントラットスプレッド”

(山岸秀匡選手のTwitterより引用、フロントラットスプレッドは上段の3枚)

 

フロントラットスプレッドは規定ポーズで2番目に行います。

フロント(正面)ラット(背中)スプレッド(広げる)名前の通り、正面に向き背中を広げるポーズとなります。

フロントラットスプレッドは手を腰よりやや上に当てて背中を広げます。しかし、背中だけでなくも気を抜かずに力を入れます。

 

 

ボディビルのポーズ”サイドチェスト”

(横川尚隆選手のTwitterより引用)

サイドチェストは筋肉アニメの「ダンベル何キロ持てる?」のオープニング曲である「お願いマッスル」で出てきた言葉として、最近話題になりました。

 

サイドチェストは規定ポーズで3番目に行います。サイド(横)チェスト(胸)名前の通り、半身になり大胸筋をアピールするポーズです。

大胸筋だけでなく肩、腕、脚などもアピールポイントに含まれます。

 

ボディビルのポーズ”バックダブルバイセップス”

(横川尚隆選手のTwitterより引用)

バックダブルバイセップスは規定ポーズで4番目に行い、フロントダブルバイセップスを対になるポーズです。

バック(背面)ダブルバイセップス(上腕二頭筋)名前の通り、背面になり腕などをアピールするポーズです。

腕だけではなく、背中、脚『下腿三頭筋「太もも裏」、ふくらはぎ』もアピールポイントに含まれます。

 

ボディビルのポーズ”バックラットスプレッド”

バックラットスプレッドは規定ポーズで5番目に行います。

バック(背面)ラット(背中)スプレッド(広げる)名前の通り、背面になり、背中を広げてアピールするポーズです。

背中だけでなく、大殿筋(お尻)、下腿三頭筋(太もも裏)、ふくらはぎもアピールポイントに含まれます。

 

ボディビルのポーズ”サイドトライセップス”

(山岸秀匡選手のTwitterより引用、サイドトライセップスは下段の3枚)

 

サイドトライセップスは規定ポーズで6番目に行います。

サイド(横)トライセップス(上腕三頭筋)名前の通り、半身になり上腕三頭筋をアピールするポーズです。

上腕三頭筋だけでなく、大胸筋、腹筋、下腿三頭筋(太もも裏)もアピールポイントに含まれます。

 

ボディビルのポーズ”アブドミナルアンドサイ”

アブドミナルアンドサイは規定ポーズで7番目に行うポーズです。

アブドミナル(腹筋)サイ(脚)名前の通り、腹筋と脚をアピールするポーズです。お腹をに意識を集中させ腹筋を出しながら、にも力を入れないといけないのでとてもキツイポーズです。

 

 

番外編”モストマスキュラー”

(横川尚隆選手のTwitterより引用)

モストマスキュラーはボディビルのポーズの中でもとても有名なので、規定ポーズに含まれていると思われがちですが、実は規定ポーズには含まれていません。

ですので、ボディビル大会の予選で行われる規定ポーズではモストマスキュラーのポーズを行えず、決勝のフリーポーズ等で行えます。

 

まとめ

今回は

  • フロントダブルバイセップス
  • フロントラットスプレッド
  • サイドチェスト
  • バックダブルバイセップス
  • バックラットスプレッド
  • サイドトライセップス
  • アブドミナルアンドサイ

の7種類のボディビル規定ポーズをご紹介しました。

この7種類を覚えてボディビル観戦に行きましょう!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました