リストストラップは必要?パワーグリップとの違いは?

スポンサーリンク
お悩み解決

リストストラップというトレーニングギア(アイテム)を使用したことはありますか?

私も使用しており、非常に便利なものでとても重宝しています。

しかし、本当に必要なのか?という疑問が浮かぶ人もいると思います。そこで本記事では、リストストラップが本当に必要なのかどうかについて考えていきたいと思います。また、リストストラップと似ていてよく勘違いされるパワーグリップとの違いについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

リストストラップとは?

そもそもリストストラップとはどのようなものかご存じでしょうか?

リストストラップとは、トレーニングを助けるアイテムであり、一般的にはトレーニングギアと呼ばれています。トレーニングギアには、パワーグリップやトレーニングベルトなどあります。

 

リストストラップは、主にデッドリフトなどの高重量のバーベルやダンベルを引く動作の時に使用します。他にも背中の種目では、基本的にすべてで使用できます。

詳しくは、『リストストラップの使い方を解説!おすすめのリストストラップとは?』をご覧ください。

 

リストストラップが必要かどうか

結論から言うと、筋トレにおいてリストストラップは必要だと思います。

というのも、これには理由があります。

 

より高重量をあげられる

リストストラップを使用することで使用してないときよりも、高重量をあげられるということです。

デッドリフトなどの高重量を扱うときは、前腕部分が疲労したり握力がもたなかったりと、なかなかうまく上がらないといったことがあると思います。

特に、フリーウェイト種目では大活躍します。

 

そんな時に、リストストラップの出番です。

先ほどのリストストラップの使い方の記事にも書いてありますが、手首に巻きバーベルと手を一体化させます。すると、前腕部分や握力にかかっていた負担をリストラップがカバーしてくれます。

今まで90kgまでしか上がらなかったものが、リストストラップを使うことで100kgまであがるかもしれません。

 

ちなみにですが、私はデッドリフトでリストストラップを使用するとしないとでは、20kg程度重量が変わります。(素手でも変わらないすごい人もいるので少し恥ずかしいですが、、、)

 

リストストラップとパワーグリップの違い

リストストラップとパワーグリップの決定的な違いは、高重量を支えられるかどうかです。

リストストラップはデッドリフトなどの高重量を扱うときに使用し、パワーグリップは懸垂、ラットプルダウンなどの比較的軽い重量の時に使用します。

 

というのも、パワーグリップはマジックテープで固定するので、高重量を扱うと重さに耐えきれなくなってしまい使えないことが多いです。

しかし、パワーグリップにもメリットがあり、パワーグリップはリストストラップに比べると比較的簡単につけられます。

 

今までの話をまとめると、、、

  • リストストラップ→耐久性あり、つけるのが大変
  • パワーグリップ→耐久性あまりない、つけるのが簡単

要するに、リストストラップは高重量を扱うフリーウェイトの種目の時に使用し、パワーグリップは懸垂やラットプルダウンなどの種目で使用するように、分けて使うことをおすすめします。

 

リストストラップのまとめ

今回は、リストストラップの必要性リストストラップとパワーグリップの違いについてまとめてみました。

 

リストストラップは、高重量をあげるときに握力などを考えずに上げることに集中することができ、とても便利です。

そして、似たようなものにパワーグリップというものがあり、パワーグリップとリストストラップを使い分けることをおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました