ジムでおすすめのマスク3選!【息苦しくない快適マスク】

スポンサーリンク
レビュー系

新型コロナウイルスの影響で、ジムでの筋トレでもマスクを着用することが必須になっています。マスクをつけての筋トレは、非常にキツくすぐ息が上がってしまいます。そこで、その息苦しさを解消してくれるジムでの筋トレに打ってつけのマスクを3種類ご紹介します。息苦しい筋トレとはおさらばしましょう!

 

スポンサーリンク

ジムで使うマスクの選ぶポイント

 

ジムで使用するマスクを選ぶ時のポイントは以下の通りです。

  • 再利用できるマスク
  • 比較的通気性がいいものを選ぶ
  • 紙マスクはなるべく避ける

 

再利用できるマスクは布マスクのことです。布マスクは、洗えば繰り返し使うことが可能なので、お財布にも優しいです。

筋トレをしていると絶対に息苦しくなるので、通気性の良いマスクを選びましょう。ちなみに、これから紹介するマスクは、布マスクで通気性の良い筋トレに持ってこいのマスクです。

 

 

ジムでおすすめのマスク3選

HYPER GUARD(シンプルなマスク)

このマスクはとても安いことが特徴です。そして上記の選ぶポイントをすべてクリアしています。デザインはシンプルで特にこだわりがない方におすすめです。サイズはSS(子ども向け)、S、M、Lの4種類あり、自分の顔の大きさに合わせて購入することが可能です。

 


 

こだわりが詰まったデザインマスク

こちらのマスクは、全て手作りで作られており素材にこだわっています。肝心のマスクの性能については、通気性抜群で肌触りの良い素材なのでつけてる感がなく、筋トレに打ってつけのマスクとなっています。もちろん洗って再利用することも可能です。

紐の部分も自分好みに選ぶことが出来ます。ワンランク上のマスクを使いたい方におすすめです。

 

こちらのマスクが気になる方は、画像をクリックしていただけますと公式サイトに飛べます。

 

ひんやり感があるマスク


やはりマスクをしながら筋トレをするとマスクの中が汗だらけになると思います。そこでおすすめなのがひんやり感があるマスクです。
こちらのマスクは、吸汗速乾機能を備えており、汗をかいても吸収し蒸発します。すばやく熱を拡散する接触冷感素材を使用しており、ひんやり感をキープしてくれます。

こちらのマスクは、同じくひんやり感があるマスクですが、日本製でより質が高いものとなっています。

布マスクの再利用の仕方

布マスクの再利用の仕方は簡単で、衣料用洗剤塩素系漂白剤を使って洗うだけです。

 

  1. 洗面器に衣料用洗剤と水を入れてよく溶かす。(一般的に水2Lに対し、0.7g程度)
  2. 洗面器の中にマスクを入れて10分間浸しておく。
  3. 10分後、軽く押し洗いする。(もみ洗いは厳禁)
  4. 洗面器から水をゆっくり流し、水を貯めてその中でマスクについた洗剤を流す。
  5. 塩素系漂白剤に水を入れてよく溶かす。(水1Lに対し、15ml程度)
  6. マスクを10分間浸しておく。
  7. 10分後、洗面器の水をゆっくり流す。
  8. また水を入れてマスクを充分すすぎ洗いする。(2回程度)

洗った後、綺麗なタオルでマスクの水分をふき取り、陰干しをする。

 

*汚れが気になる方は、塩素系漂白剤を使って洗いましょう。その際は、必ずゴム手袋をはめて行いましょう。また、漂白剤を使うので柄物や色物は変色する可能性があるので注意です。

 

使用する洗剤と漂白剤は以下のような一般的なもので十分です。



 

↓参考動画

 

ジムでは使い捨てマスクはNG?

ジムでの筋トレ中に、使い捨てマスク(紙マスク)を使用するのはあまりおすすめできません。使い捨てマスクは、マスクのフィルター効果が薄れることから、洗って再利用するのはあまり良くないとされています。

というのも、ジムでマスクを着用してトレーニングをすると汗をかきもう一度使うことはなかなかできません。なので、洗って再利用できるマスクの方がコスパが良くもったいなくないと思います。また、使い捨てマスクは再利用できる布マスクに比べて、とても息がしにくく息苦しいです。

 

まとめ:ジムでは再利用できるマスクがおすすめ

今回は、ジムでの筋トレ中に再利用できるマスクを選ぼうという話をしました。

  • 何度も使うので使い捨てマスクだともったいない。
  • 使い捨てマスクは息苦しい。
  • 再利用できるマスクには冷感作用があるものがある。

 

以上の点から、再利用できるマスクを選びましょう。実際に、ジムでも使い捨てマスクを着用している人は3割くらいと少なめです。(私が通っているジムの場合)

一度、再利用できる布マスクと使い捨ての紙マスクの両方で、トレーニングしてみたら分かると思いますが、息苦しさやトレーニングのしやすさが圧倒的に違うと思います。現在、紙マスクで辛い思いをしている方は、ぜひ布マスクに移行しましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました