【IFBBプロ】長島ユージーン選手のプロフィールをご紹介!身長、体重、戦歴など。

解説系
スポンサーリンク

本記事では、2020年11月14日に行われたIFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN NATIONAL QUALIFIERにて、IFBBクラシックフィジークプロになられた長島 ユージーン選手のプロフィールについてまとめていきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eugene Nagashima(@eugene_d_nagashima)がシェアした投稿

 

 

スポンサーリンク

長島選手のプロフィール

名前
  • 長島 ユージーン

日本×アメリカ×カナダの混血であり抜群のプロポーションを誇っています。

 

生年月日
  • 29歳

生年月日は不明でしたが、2016年に25歳でJBBF オールジャパンメンズフィジーク出場しているので、2020年で29歳ということが分かります。

 

身長、体重
  • 187cm
  • 100kg超

 

187㎝で圧倒的なバルクを持つ長島選手は、IFBBプロになったIFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN NATIONAL QUALIFIERでは100kgを超える体重で仕上がったとおっしゃっていました。

 

職業
  • パーソナルトレーナー

 

レクサー大阪で専属パーソナルトレーナーとして働いています。レクサー大阪には、IFBBフィジークプロの佐藤正悟選手もパーソナルトレーナーとして働いています。

【IFBBプロ】佐藤正悟選手のプロフィール。身長、体重、戦歴など

戦歴

2015年
  • キングオブフィジーク 176㎝超級 優勝

 

オーバーオールでは、176㎝以下級優勝者である佐藤正悟選手に惜しくも敗れ、優勝を果たすことはできませんでした。

 

(画像引用元:フィジークオンライン

  • JBBF オールジャパンメンズフィジーク 176㎝超級 2位

 

2016年
  • JBBF オールジャパンメンズフィジーク 176㎝超級 2位

2018年にIFBBプロになられた竹本選手やオールジャパンメンズフィジーク常連の小泉選手、2014年ベストボディジャパン優勝者であるシェレン イースン 佑太選手などを抑えて2位に輝きました。

 

1位は、フィットネスアパレル”LYFT”を経営しており、2020年からYouTobeを始められた、加藤 エドワード選手です。

 

2019年
  • ビーフ佐々木クラシック 175㎝超級 3位

 

長島選手はこの時点ではフィジーク競技に出ていましたが、コーチと相談した結果フィジークの引退を決め、クラシックフィジークに転向することを決意したそうです。

これで僕はフィジークは引退というかもう出ません。クラシックフィジークに転向するために頑張っていこうと思います。(長島選手のInstagramより)

 

2020年
  • IFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN NATIONAL QUALIFIER クラシックフィジーク 優勝

 

ご存じの通り、クラシックフィジークにおいてオーバーオール優勝を決め、見事IFBBプロになりました。2019年にフィジークの引退を決め、次の年にクラシックフィジークでIFBBプロになるのは”すごい”の一言に尽きると思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eugene Nagashima(@eugene_d_nagashima)がシェアした投稿

 

長島選手へのQ&A

体を鍛えることにおいて意識していることは?
鏡を見ていて、自分がかっこいいフォームを意識して、それでトレーニングすると、かっこいい体になる。きれいなフォームにつながります。
本格的にトレーニングを始めて変わったことは?
トレーニングの頻度と強度、食事が変わりました。
食事もトレーニングって言うと思うんですけど。そこが一番変わりました。
これについては、長島選手だけでなく大会で成績を残し続ける選手みんなが言っていることです。トレーニングももちろん重要ですが、それ以上に食事が重要だったりします。
趣味や好きなことは?
趣味は…トレーニング(笑)
あとはスポーツが好きで、サッカー、バスケしたり。
そして甘いものが好きです(笑)
減量期間に好きなものを食べられないせいか、トレーニーには甘いもの好きな人が多い気がします!
タイトルとURLをコピーしました