パワーグリップはベンチプレスでも使えるのか?他の種目はどうなの?

スポンサーリンク
解説系

「パワーグリップ」というと、「懸垂」や「ラッドプル」などの背中の種目にのみ使える、と思っている人もいるかもしれません。しかし、パワーグリップはベンチプレスなどの色々な種目で使えて、効果を発揮してくれます。

そこで、本記事ではパワーグリップはベンチプレスでも使えるのかどうか?また、他の種目でも使えるのかについて解説していきます。

 

パワーグリップについて知らない方は、最初に『パワーグリップの使い方とは?おすすめのパワーグリップとは?』を読むと、分かりやすいかと思います。

スポンサーリンク

ベンチプレスでも使えるパワーグリップ

多くの人は、パワーグリップを背中の種目のみに使っていると思います。実は、それはもったいないです。例えば、ベンチプレスでも使うことが出来ます。

 

使用方法

(画像引用元:ある日のヤノさん 「手が疲れやすいのでパワーグリップを取り入れてみました」)

ベンチプレスでパワーグリップを使うときは、普段の使い方とは異なり、ベロを手のひらに密着させバーベルを握ります。

ちなみに、普段の使い方は以下の画像の通りです。

少し見にくいですが、手のひらとベロの間に握る部分があります。

 

効果

ベンチプレスの際に、パワーグリップを使うことで「手のひらの保護」や「滑り止め防止」などの効果を得ることが出来ます。

ダンベルやバーベルを、パワーグリップの上から握るので、手のひらが痛くならない、握る部分が滑らず安定してグリップを握ることが出来ます。

 

余談:ベンチプレスにはリストラップがおすすめ

ベンチプレスにおいて、パワーグリップを有効活用することは可能ですが、最善策とは言えません。ベンチプレスでは、リストラップを使うことをおすすめします。

リストラップは、手首に巻きつけることで、手首が固定されバーベルの重さに耐えられるようになり、ケガを防止できます。また、手首のことを気にせず出来るので、普段より重い重量を上げられたりします。

 

シェア率ナンバーワン!Schiek(シーク)のリストラップ

 

他にどの種目で使えるのか?

パワーグリップは、もちろんベンチプレス以外の種目でも使うことが出来ます。ベンチプレスを初めとしたプレス系の種目、サイドレイズレッグエクステンション、腕を鍛えるカール系の種目などで使えます。挙げればきりがないですが、まだまだたくさんあります。

 

例として、レッグエクステンション・サイドレイズ・ダンベルカールでの使い方を解説します。

 

レッグエクステンション

レッグエクステンションでは、懸垂やラッドプルと同じようにグリップを握り、重い重量を行っているときもしっかりと踏ん張れるようにします。パワーグリップを使ってグリップを握ることで、手からグリップが離れにくくします。

 

サイドレイズ
サイドレイズでも、懸垂やラッドプルと同じようにグリップを握ります。パワーグリップを使ってダンベルを握ることで、サイドレイズを行っているときに、手首が疲れて折れてしまうことを防ぐことが出来ます。
ダンベルカール
ダンベルカールでも、懸垂やラッドプルと同じようにグリップを握ります。パワーグリップを使うことで、握力がなくなり前腕が先にきつくなり、鍛えている筋肉(上腕二頭筋)が鍛えられなくなるのを防ぐことが出来ます。簡単に言うと、上腕二頭筋をピンポイントで鍛えることが出来ます。
特に、サイドレイズやダンベルカールでは、パワーグリップを使って行う人が多くいます。
IFBBプロボディビルダーである山岸選手も、YouTubeで「パワーグリップは押す種目でも何でも使える」とおっしゃっていました。

おすすめのパワーグリップについては、『パワーグリップの使い方とは?おすすめのパワーグリップとは?』にまとめてあります。

 

こちらでも簡単にまとめると、以下の2つがおすすめです。

質、壊れにくさは最高だが少々お高めのゴールドジムのパワーグリップ

 

 

質、壊れにくさはまずまずで安めのパワーグリップ。デッドリフトなどで高重量を扱わなければ十分に使える。

 

まとめ:パワーグリップは使うべし

今回は、パワーグリップはベンチプレスでも使えるのか、他にどんな種目で使えるのかについてまとめてみました。本当にどんな種目でも使うことができるので、筋トレの効果を高めたい人は持っておいて損はないと思います。

特に、懸垂やラッドプルなどの種目では、めちゃくちゃ効果を得られると思います。私も初めて使ったときは、「前腕が疲れない!」、「握力が最後までもつ!」と感動しました。

 

一度も使ってみたことが無くて、どんな効果があるのか気になる方は、パワーグリップを使っている知り合いに借りてみたりするのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました