【必見】筋トレ後にプロテインを飲んだ方がいい本当の理由とは?

スポンサーリンク
プロテイン

トレーニングをしていると「筋トレした後にプロテインを飲んだ方がいい」とか、「ゴールデンタイムにプロテイン飲む」とかいう話をよく耳にしますよね!

その話は実際のところ正しいのか、するべきなのかいまいちわかっていない人が多いと思います。

そこでこの記事では、なぜ筋トレ直後にプロテインを飲むべきなのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

プロテインを飲む理由とは?

プロテインを飲む理由

筋トレをしている人たちは必ずと言っていいほど、ほとんどの人たちがプロテインを飲んでいます。では、なぜ筋トレしている人たちの多くは、なぜプロテインを飲んでいるのでしょうか?

 

栄養生化学が専門の名古屋大学教授である下村吉治(2013)によると、「消化の遅いごはんよりも消化の早いミルクプロテインの方が、レジスタンストレーニングによって引き起こされる疲労を低減する働きがあり、糖質とたんぱく質の同時摂取においての食品たんぱく質の摂取はグリコーゲン代謝のみならず、筋たんぱく質代謝にも重要な役割を果たし、運動後に亢進するたんぱく質の分解を抑制するだけでなく、たんぱく質の合成も促進するとしている。」と論じています。(こちらの記事から参照)

 

要するに、レジスタンストレーニング(筋トレ)後では、ごはんや肉などの消化の遅いものよりも食かの早いプロテインのほうがタンパク質の合成が早く、より筋肥大するということです。

 

要するに、筋トレをしている人たちがプロテインを飲む理由は、

  • プロテインは液状のため消化が早いため
  • ご飯を食べるより早く身体に吸収されるため
  • 早く筋たんぱく質の合成を促進するため

ということです。

 

では、なぜ直後に飲むのでしょうか。

プロテインを筋トレ直後に飲む理由

1951 年に H.K ポッポワーヤが研究結果で、筋肉の運動時とその運動後の休息時の初期においては、激しい筋肉たんぱくの形成が行われると紹介されています。

 

筋トレ直後は、筋肉が栄養を欲しがっていて、筋肥大のチャンスであるということ、そして先程説明した通り、プロテインは吸収が早いため筋トレ直後に飲むのが最適であるということです。

だから、筋トレしている人たちは、筋トレ直後にプロテインを飲むんです!

 

 

”ゴールデンタイム”とは

今までの説明で、プロテインをなぜ飲まなければいけないのか分かったと思います。

 

では、プロテインは筋トレ直後、何分以内に飲めばいいのでしょうか。そこで出てくるのが良く耳にするゴールデンタイムと呼ばれる時間です。

 

結論として、プロテインを飲むタイミング”ゴールデンタイム”は筋トレ直後30分以内と言われています。

結論としては30分を超えると、だんだんとたんぱく質の形成作用が落ちてくるからです。

 

プロテイン 理由

このグラフを見てもらえばわかる通り、30分を超えるとタンパク質の形成作用が下がっていくのが分かります。そして、2時間後にはほぼ0に近い数値になっています。

だから、タンパク質合成作用を高めるために、筋トレ後30分以内にプロテインを飲むことが望ましいのです。

 

 

あまりこだわらすぎなくても、、、

今まで散々「プロテインは筋トレ後30分以内!」「ゴールデンタイム」とか言ってきましたが、正直なところそこまでこだわらなくてもいいです。(あくまでも個人的な意見です)

なぜなら、効率の話であり実際の体感的にすぐに飲んでも飲まなくてもあまり変わらないからです。

 

私の体感では、少し飲むのが遅れたからと言って筋肥大に影響はさほどないと感じています

また、筋トレ後にプロテインを飲んでいない人でも、素晴らしい筋肉を持っている人はたくさんいます。

だから、「やばい!筋トレ終わったからプロテイン飲まなくちゃ!」という使命感や、「プロテイン飲むの忘れた!」という焦りを感じすぎなくていいです。

あまりこだわりすぎるのも精神衛生上よくないです!

 

まとめ

  • プロテインはごはんより消化、吸収が早い
  • 早く筋たんぱく質を合成できる
  • プロテインは筋トレ後30分に以内に飲む=ゴールデンタイム
  • しかし、あまりこだわりすぎなくてもよい

この記事でお伝えしたかったことはざっとこんな感じです。

 

「少しでも筋肥大したいならなるべく早くプロテインを飲んだ方がいいですが、そこまでこだわりすぎないでいい」

 

最後までご覧いただきありがとうございます

 

タイトルとURLをコピーしました