ホエイ、ソイ、カゼインプロテインの違いは?目的別にどれがおすすめなの?

スポンサーリンク
プロテイン
ムサ子
ムサ子

筋トレ始めてプロテイン飲みたいんだけど、いろんな種類があってどれがいいのか分かんないなぁ、、

ムサ男
ムサ男

うーん、確かにプロテインには主に3種類あるけど

筋トレ始めたばかりの初心者にはどれがいいのかわからないよね。。。

ムサ子
ムサ子

そうなんです!みんなにとりあえず「プロテインは飲め」と言われるんですけど、どれを飲んだらいいのか分からなくて。

ムサ男
ムサ男

それならそれぞれ3種類のプロテインの違いと、目的別のどれがおすすめなのか説明しよう!

 

 

上の会話のように、筋トレ初心者の方はどんなプロテインがおすすめなのか分からない方が多いですよね。

そこで、この記事ではホエイプロテイン、ソイプロテイン、ガゼインプロテインについて詳しくご説明いたします!

この記事を読んで自分に合ったプロテインを選び、充実した筋肉生活を送りましょう!

 

スポンサーリンク

原料の違い

プロテインのイラスト

ホエイ、ソイ、ガゼイン、三種類のプロテインの違いは原料の違いです。

ホエイプロテインは牛乳などに含まれているラクトース(乳糖)が原料です。

ソイプロテインは大豆、ガゼインプロテインは牛乳に含まれているガゼイン蛋白が原料となっています。

 

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは筋トレしている方の中で一番多く飲まれているプロテインです。

最もポピュラーなプロテインでボディメイクをしている方におすすめのプロテインです。

 

特徴

【メリット】

  • 摂取後の消化が非常に早く、タンパク質の合成を促進してくれる。
  • 消化が早いため、摂取したプロテインがエネルギーとして使用されにくい。
  • とても安価である。

 

【デメリット】

  • 乳糖不耐症の人は飲んだ後にお腹を壊しやすい。

このデメリットが一番厄介であり、このためにホエイプロテインを飲まない方も多いようです。

 

乳糖不耐症の方はホエイプロテインには乳糖が原料となっているので、摂取した際に消化・吸収されずにお腹を壊し下痢になってしまいます。

 

乳糖不耐症について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

ホエイプロテインの購入でおすすめはこちら!

値段

 

メリットでも記述した通り、3種類のプロテインの中で一番安いです。

いくつかのメーカーのホエイプロテインの値段のまとめです。(2020/2/12現在)

プロテイン1kg マイプロテイン ザバス ビーレジェンド DNS kentai gold standard
小売価格 3,990 5,994 4,100 4,279 4,212 4,981

 

こう見ると、完全国内製造のザバス以外はとても安く購入できることが分かります。

 

ソイプロテイン

ホエイプロテインに比べると、飲んでる人口はだいぶ少なめですが女性を中心に広がっています。

ソイプロテインは、大豆から油脂を絞りタンパク質を取り出したもので、植物由来の「大豆タンパク質」がたくさん含まれています。

代謝が上がる効果があることから減量やダイエットしている方におすすめのプロテインです。

 

特徴

【メリット】

  • 原料が大豆なので、乳糖不耐症の方でも飲みやすい。
  • 大豆イソフラボンが含まれている。
  • 抗カタボリック効果がある。

 

【デメリット】

  • 少々粉っぽく、溶けにくい。
  • 大豆イソフラボンが悪影響を及ぼす可能性がある。
  • タンパク質含有量が少ないものが多い。

 

大豆が原料なので、大豆イソフラボンの作用を受けることが出来ます。

大豆イソフラボンには乳がんや骨粗鬆症などに効果があると言われています。

しかし、エストロゲン(女性ホルモン)のように作用してしまう可能性があります。

 

ソイプロテインは乳糖を使っていないため、乳糖不耐症の方でも安心して飲めることが最大のメリットです!

しかし、個人的な意見としては大豆が原料なので、乳糖を原料としているホエイプロテインに比べると、タンパク質の質としてどうなのかなと思うところがあります、、、

 

値段

ソイプロテインの値段は基本的にホエイプロテインに比べ、安くなっています。

色々な理由がありますが、主にその値段を左右するのは「タンパク質含有量」です。

タンパク質含有量の値がホエイプロテインよりも低いので、値段も安くなっている場合が多いです。

 

プロテイン1kg マイプロテイン ザバス ビーレジェンド DNS(プロテインバー) kentai gold standard
小売価格 2,780 5,400 4,100 3,240 3,585 4,863

 

 

カゼインプロテイン

カゼインプロテインはほかのプロテインに比べると、あまり流通しておらず利用者も少ない傾向にあります。

しかし、ほかにはないメリットや違いがあるので、それを理解し有効活用できるようになりましょう。

 

特徴

【メリット】

  • 体への吸収スピードが遅い。

これはの特徴はデメリットでもり、メリットでもあります。

吸収するのが遅いということは、その効果が体の中で長続きするということです。

 

  • 腹持ちがいい。

吸収スピードが遅いので、自ずと長い間満腹感を得ることが出来ます。

 

  • グルタミンが豊富に含まれている。

グルタミンにはトレーニング後の免疫抑制を軽減する効果があり、筋肉の分解を防ぎ維持してくれる効果が期待できます。

 

【デメリット】

  • 吸収スピードが遅い。

吸収スピードが遅いということは、効果は長続きしますが即効性を期待することはできません。

故に筋肥大を一番の目的としている方などにはあまりおすすめできません。

 

  • あまり流通していないので、どこでも取り扱っているわけではない。

 

カゼインプロテインの一番の特徴は、吸収スピードが遅いことです。

それは、タンパク質を長くゆっくりと補給してくれるので、就寝前やトレーニングがオフの時に飲むのがおすすめです。

 

値段

今回調べたところ、有名なマイプロテインやDNS、ザバスといったところでは取り扱いがされていませんでした。

ちなみに、gold standardのガゼインプロテインは1kg当たり4,093円でした。

 

まとめ

長々と説明してきましたが、「結局どのプロテインがおすすめなんだろう?」という疑問が浮かびましたよね。

結論としては、目的別にあったプロテインを摂ることが重要です。

 

  • 筋肥大を目的としている方はホエイプロテイン。
  • ダイエット、減量、をしている方はソイプロテイン。
  • 就寝前などのタンパク質を体の中で長く保持する目的の方はカゼインプロテイン。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました