これはやめろ!ダイエットに失敗する人の特徴とは?

スポンサーリンク
ダイエット

多くの人が行っているダイエットは、成功する人もいれば失敗する人もいます。

そこで、これからダイエットを始めよう!ダイエットに失敗したくないという方に向けて、ダイエットに失敗する人の特徴をいくつかご紹介します。

紹介する特徴に当てはまっている方は、そこを直してダイエットを成功させ、理想の体を手に入れましょう!

 

スポンサーリンク

ダイエットに失敗する人の特徴

自己管理が出来ない

ダイエットを成功させることにおいて、一番大事なことは「自己管理を徹底すること」

です。

ダイエットでは食事管理(マクロ計算)や運動、体重など細かく徹底的に管理します。

きついことを言いますが、「自己管理」、自分をどう律し、どう管理し、コントロールすることが出来ない人はダイエットを成功することは難しいです。

 

きついことをし、自らを追い込みながらやるダイエットには自己管理能力が長けていなければ、正直厳しいです。

体重管理の前に自己管理

 

 

意志の弱さ

意志の弱さはダイエット失敗に直結してます。

「ちょっとだけなら」という意志の弱さで食べなくていいものを食べてしまったりしてしまいます。

そこで、「一回だけならと食べてしまうと歯止めが効かなくなり、だんだんと「一回だけ」という回数が増えダイエットは失敗してしまいます。

その一回を我慢できない人に長い間のダイエットの我慢をすることは難しいです。

 

ダイエットを成功させたいなら、そういった甘い考えは捨て徹底してやることで成功することが出来ると思います。

 

我慢する忍耐力

 

ストレスを抱え込む

「ストレスを抱え込む」のはなるべく控えよう。

ストレスを抱え込むことはダイエットだけでなく、すべてにおいてマイナスなことばかりです

 

日常にはストレスになる要素がたくさん潜んでいます。

例えば、仕事や人間関係などが代表的なものとして挙げられます。

 

そのようなストレスはダイエットにとって敵になります。

ストレスを自分自身だけで抱え込むのはダイエットだけでなく、すべてにおいて良くないことです。

ストレスを抱えることは暴飲暴食や、ダイエットが思うようにいかないときの焦りや怒りに繋がります。

 

ストレスは必ず発散しよう

ダイエットを失敗しないための改善策

我慢する、それしかない

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざがあるように、二つのことを同時に得ようとしてはいけません。

ダイエットで理想の体を手にいれたいなら、その間は食べたいものも我慢することが条件です。

 

何かを達成したいなら必ず犠牲はつきものなので、ひたすらに我慢するしかありません。

そこでの我慢は理想に近づける大事なことです。

 

小さなことから意識する

自己管理がうまくできない人は、小さなことから意識することを始めましょう。

例えば、時間をきちんと守ることや早寝早起きをすることを心がけることです。

 

早寝早起きはダイエットにおいても非常に効果的です。

朝早くから活動することで代謝を上げることで痩せる効果が期待できます。また、早く寝ることで夜食などの食欲を防ぐことにもつながります。

 

しかし、無理のし過ぎには気をつけましょう。

無理のし過ぎて体調を崩したらそれも自己管理が出来ていないことになります。

 

ストレス発散

ストレスを感じて抱え込んでしまうなら、発散してしませばいいのです。

主なストレス発散の例として、趣味に没頭することや寝ることが挙げられます。

とにかく好きなことをすればストレスは発散できます。

休日は、ストレスを発散し効率よくダイエットを進められるようにしましょう。

 

例えばスポーツが好きな人は、バッティングセンターやボウリング、ゴルフの打ちっぱなしなどに行くと良いでしょう。

体を動かすことは十分なストレス発散になります。また、運動することによるダイエット効果も期待できます。

まさに一石二鳥です。

 

終わりに

皆さん当てはまっている方はいたでしょうか?

もし当てはまっている方がいたらご紹介した改善策を取り入れてはいかがでしょうか。

また、このサイクルが出来上がれば簡単に体重を落とすことが出来ます。

実際に私もこれで3か月で15キロのダイエットに成功しました。

皆さんもぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

タイトルとURLをコピーしました