インクラインダンベルカールの正しいやり方を解説!角度などのポイントとは?

スポンサーリンク

インクラインダンベルカールは、上腕二頭筋の発達のためには欠かせない種目です。

正しいやり方で行うことでめちゃくちゃ効きますし、筋肉痛が来ると思います。しかし、間違ったやり方で行うと全く効きませんし、ただダンベルを上げるだけになってしまうので注意しましょう!

そこで、本記事ではインクラインダンベルカールの正しいやり方を解説します。インクラインダンベルカールはベンチ台の角度など、たくさんのポイントがあるので合わせて解説していきます。

 

スポンサーリンク

インクラインダンベルカールの正しいやり方

インクラインダンベルカールは、上腕二頭筋、前腕部分にある腕橈骨筋を鍛えることが出来る種目です。

ベンチ台の角度を30~45度程度にして行うことで、上腕二頭筋をストレッチ(伸ばす)することが出来ます。他のダンベルカールなどの収縮させる種目と、組み合わせることによって上腕二頭筋を効率よく鍛えることが出来ます。

 

スタートポジションまでの流れ

  1. ベンチ台の角度を30~45度の設定する。
  2. ダンベルを横に持ちベンチ台に座る。(スタートポジション)

腕をぶら下げて、肩などに余計な力が入っていない状態にしておきましょう。

 

正しいフォーム

  1. スタートポジションの姿勢になる。
  2. 肘を動かさずにゆっくりとダンベルを上げていく。
  3. 上まで上げきったら、ゆっくりと下ろしていく。
  4. スタートポジションまで戻る。

 

インクラインダンベルカールのポイント

ベンチ台の角度を30~45度にする

インクラインダンベルカールにおいて、ダンベルの角度はとても重要なポイントとなります。

「角度を30~45度にする」とお伝えしていますが、個人的におすすめの角度は30度です。色々な角度で試してみましたが、30度が一番ストレッチをかけることが出来、しっくりきました。45度だと少し体が起きすぎていて、ストレッチが弱いと感じました。

皆さんも色々な角度を試してみて、自分に合う角度を探してみてください!

 

しっかりと収縮させる

ダンベルを上げた時(トップポジション)に、しっかりと上腕二頭筋を収縮させることがポイントです。

上腕二頭筋を鍛える際には、可動域をフルに使って行うことが重要です。なので、上げた時にはしっかりと上まで上げきり、収縮させるようにしましょう。この時は肘を固定して動かさないようにして行うのがコツです!

 

ストレッチをかける

可動域をフルに使うには、ストレッチをかけるということもポイントです。

ストレッチをかけるというのは、ダンベルを下ろした時のことです。しっかりとストレッチをかけられていない特徴としては、腕が伸び切っておらず肘が伸びていない状態です。

この状態だとストレッチをかけられておらず、非常にもったいないです。ストレッチをかけるというのは、ダンベルの重量に耐えるイメージをすると分かりやすいかと思います。

 

ゆっくり行う

「ゆっくり行う」というのは、とても基本的なことですがインクラインダンベルカールにおいても重要なポイントです。

インクラインダンベルカールは、チーティングが使いやすくダンベルを振り回しがちになることがあります。これは上腕二頭筋を鍛えるには、非常に非効率で無駄が多い鍛え方になっています。

ダンベルの上げ下げの動作をゆっくり行うことで、上腕二頭筋だけに負荷をかけることが出来とても効率よく鍛えることが出来ます。

 

インクラインダンベルカールのまとめ

✔インクラインダンベルカールのポイント

  • ベンチ台の角度を30~45度にする。個人的におすすめなのは30度。
  • しっかりと収縮させる。
  • ストレッチをかける。
  • ゆっくり行う。

 

本気では、インクラインダンベルカールの正しいやり方、ポイントについてお話ししました。

インクラインダンベルカールは、ストレッチ種目としてとても優秀な種目であり、上腕二頭筋を発達させたいなら必須の種目だと思います。

正しいやり方、ポイントをマスターしてぜひお試しください!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました