最速で腹筋を割る方法とは?ダイエットもしないと割れません!

スポンサーリンク
腹筋

誰しも一度は、腹筋を割ってみたいと思ったことがあると思います。シックスパックの腹筋というのは夢ですよね。しかし、腹筋を割るというのは簡単に出来ることではなく努力が必要になります。

そこで本記事では、努力を間違った方向にしないために、最速で腹筋を割る方法をお教えします。今回の方法を頑張って試せば、状況にもよりますがそこまで脂肪が乗っていない人の場合は、一か月で腹筋を割ることが出来ます。

 

スポンサーリンク

最速で腹筋を割る方法①

痩せること

最速で腹筋を割る方法、それはまず痩せることです。

では、なぜ痩せることが重要なのでしょうか?
割れた腹筋を手に入れるためには、腹筋の上に乗っている脂肪を落とすところから始めなければなりません。いくら腹筋を鍛えたとしても太って脂肪が乗っていたら、いつまでたっても腹筋が見えることはないでしょう。
逆に全然脂肪が乗っていないガリガリで、大して筋トレもしていなのに腹筋が見える人がいると思います。それは脂肪が乗っていないので腹筋が見えているのです。
他にも、腹筋を割る方法を紹介している記事やYouTubeなどたくさんありますが、筋トレだけしているれ羽割れるというのはウソです。しっかりとダイエットと同時並行で行わないと、バキバキの腹筋を手に入れることは出来ません。
「この運動さえすれば、バキバキの腹筋が手に入る!」→ダイエットもしなきゃダメ!

部分痩せは存在しない

痩せなくても腹筋だけ鍛えておけば、お腹周りが痩せて腹筋が割れないの?
痩せることが重要というなら、このような疑問が出てくると思います。
結論から言うと、部分痩せというのは存在せず、しっかりと有酸素運動や食事管理などをしないと腹筋も見えるということはありません。腹筋はバキバキなのに、他はムチムチで太っているという人は見たことないと思います。
最速で腹筋を割るために、まずは有酸素運動を取り入れ、『消費カロリー>摂取カロリー』を意識してダイエットをすることから始めましょう!

ダイエットの仕方

ダイエットするといっても、しっかりと食事管理をし効率的にダイエットを進めることが重要です。

ダイエットにやり方は、一般的な糖質や脂質を制限するローファットと、糖質を最大限カットするローカーボである「ケトジェニックダイエット」があります。

 

ローファットは、脂質をなるべく摂らないようにすると同時に糖質の量も減らして行うダイエット法です。

以前、私がフィジーク大会に出場した時に行った方法で、『フィジーク大会出場のために3か月で-15kgの減量に成功した食事メニューとは』にやり方等を詳しく説明しています。

 

ケトジェニックダイエットは、脂質等はカットせず糖質の量を最大限カットして行うダイエット法です。糖質の量を1日20g以下にしますが、その分脂質を多く摂るようにします。

ケトジェニックダイエットのやり方については、『誰でも分かる!ケトジェニックダイエットのやり方とは?』で詳しく説明しています。

最速で腹筋を割る方法②

腹筋を鍛える

最速で腹筋を割るためには、ダイエットと同時並行で腹筋を鍛えることをしましょう。

これは実に当たり前のことですが、とても重要なことです。まず大前提として腹筋を割りたいなら、痩せることが重要ですが、それだけでは腹筋が見えるようになるだけで、当たり前ですが腹筋を鍛えなければ、「割れる」ということはないです。

その腹筋の鍛え方というのがとても重要で、効率のいいおすすめの鍛え方をご紹介します。

おすすめの腹筋の鍛え方

✔ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズは、バーにぶら下がり脚を上げ下げさせることで腹筋を鍛えることが出来る種目です。個人的に「ハンギングレッグレイズ」が、腹筋を鍛える種目において一番効果的でおすすめの種目だと思います。
ハンギングレッグレイズのやり方については↓をご覧ください!
こちらのマシンがあれば、家でも行うことが出来ます。ハンギングレッグレイズ以外にも懸垂ディップスなど様々な種目に対応しています。
ハンギングレッグレイズは、上のようなマシンや公園やジムなどにある、固定されているバーがないと行うのは難しいです。そこで、家でも出来るとてもおすすめの腹筋の鍛え方をご紹介します。
✔アブローラー
アブローラーは、「アブローラー」さえあれば家でも、どこでも出来る種目です。家で簡単に出来る種目ですが、とても高負荷で腹筋を鍛えるにはめちゃくちゃおすすめです。
アブローラーは正しいやり方で行わないと、腰などをケガしてしまう可能性があるので、こちらの記事を参考にしてください。

まとめ:腹筋を割りたい=筋トレ+ダイエット

今回は、最速で腹筋を割る方法を解説しました。腹筋を割るためには、筋トレはもちろんのことダイエットもしなければなりません。腹筋を割りたい人で良くありがちなのが、腹筋を鍛えるだけの人が多いです。しかし、それは少し非効率で同時にダイエットを進めることが重要です。

しかし、ダイエットといってもただやみくもにするのではなく、上記のようなしっかりと食事管理や有酸素運動を取り入れて考えられたダイエットをしましょう。

 

 

 

腹筋
スポンサーリンク
Kazukiをフォローする
ふぃっとねすろぐ634
タイトルとURLをコピーしました