【必見】最強の食材はどれか?最強のタンパク質BEST3

スポンサーリンク
食事

世の中にはたくさんのタンパク質を含んだ食べ物があります。そこで、どの食べ物がタンパク質を摂るという点で優れているか順位付けをしました。今回ご紹介するタンパク質を摂れる”神”食材をぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

タンパク質の重要性とは?

筋トレをしていると、よく「タンパク質」という言葉を耳にしますよね。

そのよく耳にするタンパク質ですが、筋トレしている人にとってとても重要なものです。

そこでBEST3の前に、タンパク質の重要性について必ず知っておいた方がいいのでお話します。

 

タンパク質とは、三大栄養素のうちの1つであり生きていく上で必要な栄養素です。

体重の約1/5を占め、血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であるとともに、酵素などの生命の維持に欠かせない多くの成分になります。また、エネルギー源として使われることもあります。

 

『日本人の食事摂取基準によると、一日に必要なたんぱく質は摂取エネルギーの13~20%が理想とされており、推奨量は、成人男性は一日60g、成人女性は一日50gとなっています。』(公益財団法人長寿科学振興財団から抜粋)

 

しかし、筋トレをしていて筋肥大を目指している人はこの量だけでは足りません。

一日に「体重×2~3g」は摂取した方が良いと言われています。

詳しくは↓の記事に書いてありますので、合わせてご覧ください。

 

なぜタンパク質が重要なのか知ることは大切だよ!

何事も元の原因や理由を知っておくことは大事だよね♪

 

 

最強のタンパク質BEST3

第3位:ホタテ

海鮮系の食材は基本的に高タンパクで優秀な食材が多いです。その中でもホタテは特に優れています。

ホタテには、コハク酸と呼ばれるアミノ酸の一種のようなものが入っています。そのコハク酸を摂ることによって、エネルギーを生み出す時の*TCAサイクルうまく回るようにする効果があります。

 

また、体の代謝を挙げてくれる作用があります。つまり、体温を上げてくれることになります。

体温が上がるとトレーニングパフォーマンスの向上が見込めます。

 

※生命がエネルギーを作り出すための体内燃焼システム。これがうまく回ると、脂肪や乳酸をエネルギーに分解しやすくなる。

100g当たり エネルギー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g)
ホタテ 72 13.5 0.9 1.5

 

 

第2位:鶏肉🍗

鶏肉にはカルノシンが含まれています。

カルノシンには疲労を回復する効果があるとされています。また、老化防止効果もあり、健康面でも優れています。

 

それに加え、鶏肉は安いのでお手軽にタンパク質が摂れるのも大事なポイントです。

鶏肉はダイエット中でも食べられる食材で、脂質の少ないささみや胸肉は重宝する食材です。

 

100g当たり エネルギー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g)
ささみ 105 23 0.8 0
胸肉(皮なし) 108 22.3 1.5 0
胸肉(皮あり) 191 19.5 11.6 0
もも肉 200 16.2 14 0

 

第1位:卵🥚

タンパク質の”質”を測るプロテインスコアというものがあります。そこで、卵は一番高い数値を誇っています。

 

ただし卵は白身だけではなく全卵のタンパク質がベストです。卵白のみになると質は落ちてしまいます。

 

全卵とは、卵の白身と黄身のすべての部分ことです。

 

また、卵はタンパク質はもちろんのこと、エネルギー代謝に必要なビタミンB群や、不足しがちな鉄分、ビタミンA、それ以外にもビタミンD・E、亜鉛、葉酸など様々な栄養成分が豊富に含まれています。

 

1個当たり エネルギー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g)
全卵 91 7.38 6.18 0.18
白身 25 4.57 0.48 0.16
黄身 66 2.81 5.7 0.02

 

かの有名なボディビルダーのマッスル北村氏が卵10個をジュースにして飲んでいたよね…!

皆はそこまで真似しないでね!!!!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました