バルクアップに最適な食事、おすすめの炭水化物とは?

スポンサーリンク
食事

バルクアップには食事(炭水化物)を摂ることを欠かせません。

そこで、本記事ではバルクアップをするためにどういう食事をすればいいのか、そしておすすめの炭水化物をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

バルクアップに最適な食事

食事の重要性

バルクアップで体を大きくしたいなら、摂取カロリー>消費カロリーを意識することが重要です。

そのためには、食事がとても重要でバルクアップをしたいのに、食事を取らないで筋トレばかりしていても、体が大きくなることはありません。

バルクアップしたいのに食事を取らないのは、痩せたいのにたくさん食べてしまうのと同じくらい無意味なことです。

 

バルクアップに必要な栄養素

バルクアップには、タンパク質・脂質・炭水化物の3大栄養素をしっかり摂ることが重要です。そしてそれを、バランスよく摂ることでバルクアップを目指すことが出来ます。

バランスよく摂るというのは「PFCバランス」を考えるということです。

 

PFCバランスというのは、食事の際の摂取カロリーのうちタンパク質・脂質・炭水化物がそれぞれどれくらいの割合を占めているかを数値化したものです。

バルクアップに適しているPFCバランスというのは、、、

炭水化物:50%

脂質  :20%

炭水化物:30%

です。

 

バルクアップには、やはり炭水化物をたくさん摂ることが欠かせなくカロリーにおいても比重が重くなっています。体を大きくしたいならとにかく量をたくさん食べることが必要です。

海外で活躍する有名なボディビルダーは、体を大きくするために一日に6食以上食べているそうです。ここまで食べろとは言いませんが、体を大きくしたいならとにかく食べることが重要です。

ボディビルダー現役時代の食事を、山本義徳先生がご紹介!

 

摂取カロリーについては、自分で計算するのですが『カロリースリム』などのカロリー計算が出来るサイトを使うことをおすすめします。

 

ビタミン・ミネラルも!

バルクアップには、3大栄養素が特に重要ですが、ビタミンやミネラルなどの栄養素もとても重要です。ビタミンに関しては、筋肥大において非常に効果的な役割があり、しっかりと摂るように意識しましょう。

 

ビタミンは、とても種類が豊富で食事だけで補いきれないことが多いので、マルチビタミンで補うことをおすすめします。マルチビタミンは、1粒で食事だけでは不足しがちなビタミンを補うことが出来るので、トレーニングしている人だけでなく一般の方でも重宝されています。

 

 

 

バルクアップにおすすめの炭水化物

先ほどお伝えした通り、バルクアップ中には炭水化物を摂取カロリーのうち50%ほど摂らなくてはなりません。そこで、数ある炭水化物の中でバルクアップに適している、おすすめの炭水化物をご紹介します。

 

スパゲッティ

スパゲッティは、お米などの他の炭水化物と違ってタンパク質が多く含まれています。

お米100g中に、タンパク質は2.5g含まれているのに対し、スパゲッティは100gで5.2g含まれています。タンパク質は、バルクアップにおいてとても必要な栄養素ですが、それが2倍以上含まれているのでスパゲッティは、バルクアップにおすすめの炭水化物と言えます。

 

また、同じ麺類であるそばうどんもスパゲッティに比べれば劣りますが、非常に多くのタンパク質が含まれているのでおすすめです。

 

お餅

バルクアップでは、先ほどお話しした通りとにかくたくさん食べることが必要です。そうなると消化しやすいものが良く、お餅は消化しやすいのでおすすめです。

また、お餅はお米と100g当たりの栄養素で比較すると、タンパク質も炭水化物も2倍近く多く含まれており、まさしくバルクアップに適しているといえます。

 

バルクアップに最適な食事のまとめ

今回は、バルクアップに最適な食事とおすすめの炭水化物についてまとめてみました。

 

本記事で重要なポイント
  • 摂取カロリー>消費カロリーを意識した食事。
  • PFCバランスを意識した食事。
  • ビタミン・ミネラルも忘れずに摂る。
  • スパゲッティなどの麺類、お餅などがおすすめ。

 

何度も話していますが、バルクアップではとにかく量を食べることが重要です。たくさん食事を取って、たくさん筋トレをしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました